学校紹介

教員紹介

経験豊かな先生方が、学生を夢へ導き笑顔にします。

作業療法学科

瀧本 文博

多くの感動と新たな発見があるやりがいのある仕事。

人間的なたくましさや優しさ、そして強い心を持った作業療法士を育てたいと思っています。また、社会性を兼ね備え、求められる人材となるよう、日頃から言い続けていることは、「ルールを守る」「時間を守る」「報連相の徹底」の3つです。学生の頃から普通にできるように指導しています。

理学療法学科

楠本 敏文

学生の想いに寄り添いながら指導をします。

学生との出会いを大切にし、一人ひとりの想いに寄り添いながら真摯に向き合いたいと思っています。今まで私自身が教わった理学療法に対する情熱やセラピストとしての心構えを伝えていきます。知識、技術、人間力の備わった積極性のある理学療法士となって、様々なことにチャレンジしていきましょう。

作業療法学科

大石 宝予

グローバルな視点で考えられる作業療法士に。

作業療法という仕事は、数値で表したり、形で表現できるものではありません。だからこその魅力があり、いろんな可能性が高い分野だと思います。作業療法士になるための勉強や、現場での仕事はやればやるほど、その良さが分かってくると思います。恵まれた自然環境の中で一緒に目標に向かっていきましょう!

言語聴覚療法学科

林 学

患者様に手を差し伸べる方法を一緒に学びましょう。

“Make Smile”という目標に向かって、私たちは何ができるのでしょうか?ある日突然自分が病気になって、コミュニケーションがとれなくなってしまった・・・ということを考えたことがありますか?病気によりコミュニケーション障害を抱えてしまった人に手を差し伸べる方法を、私と一緒に考えてみませんか?

理学療法学科

橋本 直子

言語聴覚療法学科

山口 信

国家試験合格に向けて支え合う強い絆が培われます。

どんな学校で学び、どれくらいの成績だったかなどということは一切関係ありません。医学の世界に足を踏み入れた瞬間からみんな横一線で並んだ医学徒です。入ってから知識や技術をどれくらい研鑽できるか、評価はこの一点で決まります。完全な実力の世界です。そういう世界が好きな人にはお勧めです。

言語聴覚療法学科

田中 裕己

一緒に国家試験合格目指して頑張りましょう。

言語聴覚士の国家試験は、合格率が全国平均で60%台と他の医療系国家試験に比べて低い傾向があり、勉強をしっかりと行う必要があります。勉強の仕方など基本的なところから指導を行い、4年間で国家試験に合格できるよう指導を行います。また、一人の人間として患者様やスタッフから信頼を得られる人間性も育てます。

言語聴覚療法学科

恵 明子

理学療法学科

山下 俊

理学療法学科

宮崎 裕士

作業療法学科

遠山 健一

作業療法学科

前野 祥子

作業療法学科

田口 邦雄